活動理念

弓道部としての心構え


一、射貫くべきは的のみにあらざること
一、射るは,己のみにあらざること
一、技におぼれず,技をみがくこと
一、寛恕の心をもって,事にあたること
一、文武とは,両つながらの道にして一つの道であること

以上,常にわきまえ,活動を続けること。

ページのトップへ戻る